逆質問でさらに印象をあげるために

逆質問でさらに印象をあげるために

逆質問は企業研究したうえで準備する

 面接の締めにあたる逆質問で、何を聞くことができるかで、企業研究をしっかり行ったかどうかが、採用担当者に伝わるものです。

 

 会社案内や企業のホームページに書かれているような浅い内容ではなく、40代後半だからできる逆質問で、有能な人材であることをアピールしましょう。

 

 例えば、自分が関わる事業の過去の実績を調べ、「この後、シェアをどれくらい拡大したいと考えているのか」「そのために、組織で足りないと思われる要素は何か」など、事業戦略に関わることで、自分がどう貢献すべきかを質問するなど、入社後を見越した質問をすると、本気で入社したいと考えていると、印象付けることができるとともに、自分の入社後に果たすべき役割も明確になります。

 

 

面接時間に逆質問のネタを拾う

 もう一つ、40代後半だからできる逆質問に、面接時間内で採用担当者が話した内容について、詳しい説明を求めるという方法があります。

 

 「先ほどのお話の中で、管理職を採用することで、業務改善を推進したいとのことでしたが、いま課題と考えていることを、具体的に教えてもらえますか?」など、質疑応答の中から逆質問ができるようになると、コミュニケーションスキルの高さをアピールすることにつながります。

 

 

 

<関連記事>

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 5つのステップで進める転職活動 おすすめ転職サイト