退社の理由はポジティブに語る

退社の理由はポジティブに語る

ネガティブな理由もポジティブに変換しよう

 40代後半の社員が退社するということは、勤務先に多大な影響を与えます。まして、管理職として組織を率いていた場合、後任人事や引き継ぎ、対外的に与える影響などは、予想以上に大きい場合が多いのです。

 

 だからこそ、社内外で退職の理由を語るときに、不用意な発言をしないことが大切です。例え転職を考え始めたきっかけが、会社への不満だったとしても、おくびにも出さずに、ポジティブな理由に変換し、説明するようにしましょう。

 

 

面接でもネガティブな退社理由は厳禁

 転職活動をしているとき、面接の中でも退社理由は必ず聞かれる質問の一つです。このときにも、前職への不満は絶対に口にしてはいけません。

 

 というのも、40代のミドル世代であれば、勤務先で課題となっていることを自ら見つけ、改善を推進する立場でいることを求められるからで、不満があれば退職するという印象を与えてしまうと、その時点で選考から漏れてしまいます。

 

 「ビジネスマン人生の集大成として、御社でこの仕事を手掛けたい」「自分が持つノウハウを後進に伝えながら、御社にこんな貢献をしたい」など、前向きな退社理由が語れるように、転職活動を進めてください。

 

 

 

<関連記事>

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 5つのステップで進める転職活動 おすすめ転職サイト