40代でも異業種の仕事探しができる!

40代でも異業種の仕事探しができる!

40代でも異業種の仕事探しができる!

 

40代でも異業種の仕事探しができる!

 

 雇用の流動化を目指す安倍政権が、2014年度から転職支援に300億円超の助成金をつけることにしたのは、みなさんもすでにご存じでしょう。

 

 これは、企業側が雇用している人材を解雇しやすくすることで、人材の流動化を進めることが目的だが、一方で受け皿となる転職先を探さなければなりません。バブル期に大量採用された40代は、経済教協や産業構造の変化によってだぶつき、これをすみやかに成長産業に移行させる必要があるのです。

 

転職先は同業種だけじゃない!

 

 もし、あなたが同業種で転職先が見つからないなら、仕事探しの方法を変える必要があるということです。そこでねらい目なのが、医薬品や介護といった成長産業です。ですが、医薬品メーカーでMRとして働くには、専門スキルが不可欠ですから、介護業界への転職が、一番スムーズだと予想できます。

 

 介護業界は慢性的な人手不足ですし、ホームヘルパー2級なら、費用も時間もそれほどかけずに、資格を取得することができます。また、病院や施設、訪問介護ステーションなど、就職先や勤務形態もさまざまです。

 

 さらに介護業界で実務経験を積むと、社会福祉士や介護福祉士、ケアマネジャーなどの国家資格の受験資格を得ることができます。国家資格が取得できれば、業務内容も給料も変わりますので、これからでも十分にキャリアアップが目指せるのです。

 

 少子高齢化が進む日本では、老老介護が当たり前の時代に突入しています。実際、介護施設で60歳以上のシニア世代を、正社員として募集するところが、年々増えているのです。異業種でも長く務められる仕事探しをしているなら、考えてみる価値はあると思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 5つのステップで進める転職活動 おすすめ転職サイト