45歳の転職前に受けておきたい講座とは?

45歳の転職前に受けておきたい講座とは?

45歳の転職前に受けておきたい講座とは?

 

45歳の転職前に受けておきたい講座とは?

 

 人材総合サービス業を営むエン・ジャパン株式会社は、人材採用あるいは入社後に定額制研修サービス「エンカレッジ」を提供しています。その「エンカレッジ」が行っている、管理職を対象にした人気講座を調べてみると、「部下のほめ方・叱り方」「コーチングの基本」「ロジカルシンキング」「管理職の基本業務」「部下との信頼関係づくり」が、上位にランクインすることがわかりました。

 

 つまり、時代の変化で多様化する価値観を受け入れ、若い世代との関係を気づくことができるコミュニケーションスキルが、管理職に求められていることがわかります。

 

転職の鍵はスキル習得

 

 45歳で転職をしようと考えているなら、企業が求めるこうしたスキルを習得しておく方が、採用の可能性が高くなります。近年、社会人向けのさまざまな講座が開講されていますから、上記の内容が学べるものに積極的に参加し、自分のコミュニケーションスキルを振り返る機会をつくることをおすすめします。

 

 また、商品やサービスでの差別化が難しいいまの世の中は、クライアントが抱える事業課題の解決をするための企画力・提案力が不可欠です。ロジカルシンキングの習慣を身につけておくと、ソリューション力を高めることができます。

 

 45歳の転職は、専門スキルはあって当たり前で、業績アップにつながる人材でなければ採用しません。その業績を一人で上げるのではなく、若手を含めて組織的に上げていくマネジメントスキルこそ、企業が45歳の人材に求めるものなのです。

 

 新天地で人を巻き込むためには、協調性を持って、新しい環境になじめる柔軟性が必要です。そうした人間性を高める講座には、積極的に参加するようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 5つのステップで進める転職活動 おすすめ転職サイト