転職は立つ鳥後を濁さず、です。

転職は立つ鳥後を濁さず、です。

転職したいと思ったらまず、なぜ転職したいのか、をまず自分に問うことが大切です。ブラック企業ならいざしらず、一番よくある理由が「人間関係」ですが、それで転職して良いのかよく考えてみましょう。

 

人間関係が理由で、かつ今の職場が半年以内の場合にはもう少しふんばってとどまることをおすすめします。なぜならば、人間関係が理由の場合果たして次の会社ではうまくいくのか?大変疑問です。

 

また、給料が低いのが不満のケースも転職によって解消することは なかなか難しいことです。多くの場合、転職により給与はダウンすることがほとんどです。また、高い賃金の会社では、重労働や激務の場合もありますので、給与だけを見るのではなくさまざまな角度から検討する必要があります。

 

では、逆に転職する方が良いケースとはどんなものでしょうか。まず、今の仕事では発揮できない、得意分野があることです。無い人は自分の中になにかないか、じっくり考えてからでも遅くはないでしょう。

 

求人情報を探すためには ハローワークへ行くことが多いですが、開いているのが平日の昼間なので、今の仕事をしながら通うのは難しいでしょう。まずは。インターネットハローワークで検索をしたり、求人系のHPを見て情報を集めます。チラシで入ることもあるので、可能ならば、新聞を取るのもおすすめです。

 

さて、転職先が見つかったら、勇気を出して2週間〜3週間の入社猶予を申し出ましょう。前職の引継ぎ期間のためです。「そんなことを言ったら入社が取り消しされるのでは?」と不安になるかもしれませんが、前職へのそういった律儀さを、かえって好感を持たれることが多いようです。

 

【関連情報】
http://xn--40-173azf8e855qrs7dwdya.com/
40代からの転職は現職に不満だからと言って行うと失敗します。成功させるアドバイスを見ましょう。

 

30代の転職方法
30代からの転職は今が旬です。転職で収入アップを目指しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 5つのステップで進める転職活動 おすすめ転職サイト