40代後半の転職は計画的に

40代後半の転職は計画的に

まず転職計画をたてよう

 景気回復に伴い、40代後半のミドル世代を対象にした求人が、転職市場で増加傾向にあります。ですが、そのすべての求人の条件が良いわけでも、誰もが簡単に内定できるものでもありません。

 

 40代後半ともなれば、自分の希望条件に合った求人を探すことも、応募して面接まで進むことも、若いころと同じようにはいかないことを覚えば、自分なりに転職時期を設定し、それを達成するために、いつまでに何をすべきかを考え、計画をたて、それに沿って活動するのが、一番効率がよいといえるのです。

 

 

計画の前に市場価値を知ろう

 40代後半で転職計画をたてるためには、まず自分の市場価値を知ることが必要です。転職サイトの適職診断や年収診断を使えば、年齢や業界、これまでの経験に基づき、ある程度、市場価値を予測することはできます。

 

 ですが、大事なのは、あなた個人の市場価値を知ることです。転職サイトのスカウト機能を使って、オファーを待つことで市場価値をはかったり、転職エージェントのキャリアコンサルタントとのカウンセリング時に、率直に自分の価値を尋ねることをおすすめします。

 

 自分が転職市場でどんな価値があるのかを理解したうえで、転職の戦略を練りましょう。

 

 

 

<関連記事>

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 5つのステップで進める転職活動 おすすめ転職サイト