50代になってからでは遅い!?転職先で一花咲かせるためにパーフェクトな体調管理を40代のうちに!

50代になってからでは遅い!?転職先で一花咲かせるためにパーフェクトな体調管理を40代のうちに!

勤務先と一緒に健康への意識も変えてみましょう

 

 転職に向けての準備は着々と進んでいるでしょうか。既に目処がついている人もいるかもしれませんが、いずれにしても転職することになったら、もうひとつ考えておいて欲しいことがあります。

 

 体調管理です。健康のことを気にすべき年齢には既に達しているあなた。もし、「定年退職するまで仕事を続けられればいい」ではなく、「転職を機に更なるキャリアアップを実現したい」と、仕事に意欲を燃やしているなら、50代になる前に体調管理について真剣に考え直しておくべきでしょう。

 

 40代後半でも、真剣に取り組めば、30代のような元気と行動力、メンタルなどを取り戻すことができるはずです。

 

ダイエットは長期計画で実行すべき

 

 体調管理と言えば、ダイエットですよね。少しお腹が出てきた、痩せた方がいいと医者や周りの人に言われる、そんな人はダイエットに取り組みましょう。例え体重や見た目はさほど変わっていないとしても、筋肉量が落ちていれば隠れ肥満と呼ばれる状態になっている可能性はおおいにあります。40代後半は、ダイエットと向き合うのに適切な年齢なのかもしれません。

 

 ダイエットを行う時は、長期計画を立てましょう。1ヶ月で5kg痩せるなどの目標はリバウンドを誘発するため、お勧めできません。半年や年単位で体重を落とし、その状態が当たり前のようになってこそダイエットに成功したと言えるのです。

 

楽観主義で健康を取り戻す

 

 日本はストレス社会と呼ばれて久しい。40代後半くらいになると、それを毎日感じながら仕事をしているかもしれません。会社での役割や家族からの期待もより一層大きくなり、そのストレスも増大するばかりなのではないでしょうか。

 

 楽観主義でいきましょう。悲観主義の人は体調を崩しやすいのですが、それはストレスを一人で溜め込み、いつまでも落ち込む傾向があるから。体調管理は楽観主義の人の方がしやすいのです。

 

 仕事で手を抜いたり失敗を放ったらかしではいけませんが、ある程度楽観的なメンタルでいないと、健康を維持するのは難しいと思っておきましょう。転職活動中で言えば、数社落ちたくらいでくよくよしないこと。それだけでも健康への影響が断然違ってくるはずです。

 

 

<関連記事>


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 5つのステップで進める転職活動 おすすめ転職サイト