転職活動を退職後に行うとリスクやデメリットだらけというのは本当か

転職活動を退職後に行うとリスクやデメリットだらけというのは本当か

一気に行う準備と徐々に行う準備

 

 転職活動を行うのはいつがいいのか、これは転職希望者の永遠のテーマなのではないでしょうか。仮に退職してから転職活動へと入るとしましょう。そうすると時間が作れるため、転職準備を一気に行うことが可能となります。

 

 一方、在職中に転職活動へと入れば、仕事はしなければならないわけですから、徐々に転職準備を整えていくことになるでしょう。この転職準備、徐々に整えていった方が良い結果になることが多いようです。

 

 なぜなら、一気に準備を整えると、スピード感はあるけれども、企業や自分に対するリサーチ・研究・分析が不十分となることがあるのです。準備に時間をかけることで、その間に新しい情報が入ったり、昨日の作業を今日見直すことでミスや勘違いを発見することにも繋がりやすくなるでしょう。

 

 

採用する側の心理とは?

 

 採用する企業側の心理というものを考えたことはあるでしょうか。採用を担当している多くの人は、「在職中か退職後かは、どちらでも構わない」と答えます。しかし、そうは口で言っていても、心理的にはそうではないことを知っておきましょう。

 

 失業期間が存在しており、その期間が長ければ長いほど、「なぜこんなに失業期間が長いのか」と疑問に思い、余計な考えが頭に浮かんでしまうのが採用担当者の心理。

 

 余計な考えとは、「退職理由に問題があるのでは?」とか、「複数の企業に採用を見送られたのでは?」とか、「体調や精神状態に問題があるのでは?」などというもの。

 

 こう思われたら最後、書類や面接でいくらアピールしても、即座にウエルカム状態とはならないでしょう。よって、転職活動は在職中にすべき、と言えるのです。

40代後半で周囲に心配・迷惑をかけるリスク

 

 最後に、退職後に転職活動をするということは、周囲に心配や迷惑をかけるリスクが考えられると認識しておくべき、ということを伝えておきましょう。40代後半の人たちは、転職すること自体がリスクです。若いと言える年齢ではないわけですから、応募して面接を受ければ合格するだろうと安易に考えるわけにはいきません。

 

 その上、退職すればお金が入ってこない時期が生まれ、失業状態が長くなれば転職はさらに難しくなると、リスクの上乗せ状態。周囲は心配するに決まっています。退職後の転職活動は、やはりリスクやデメリットだらけと言わざるを得ないのかもしれません。

 

 

<関連記事>


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 5つのステップで進める転職活動 おすすめ転職サイト