ミドル世代にとって良い求人とは

ミドル世代にとって良い求人とは

自分にとって良い求人について考える

 40代後半になると、家族を持っているのが普通です。仕事のやりがいやキャリアアップも大切ですが、それ以上に、家族の生活を守れる収入を得ることが大事になるケースもあります。

 

 そのため、転職活動を始めるにあたり、希望の条件をピックアップする中で、優先順位をつけておく必要があります。自分にとって良い求人の規準を、自ら設けておきましょう。

 

 

良い求人を見極めるポイントとは

 求人票をチェックするだけでも、良い求人か、悪い求人かを、ある程度、見分けることができます。

 

 40代後半で転職するからには、まず雇用期間に定めのない、正社員採用であるかどうかを、必ず確認してください。

 

 また、加入できる社会保険の内容、財形貯蓄制度や退職金共済の有無などで、ブラック企業をふるい落とすことができます。

 

 合わせて企業研究をすることで、社員の平均年齢、新卒者の離職率もチェックし、社員の満足度が高いかどうかも、チェックしておきましょう。

 

 転職サイトによっては、企業情報を写真と文章で紹介しているところもありますが、そこに映っている社員の年齢の幅も、自分に合った職場化どうかをジャッジするには有効です。無駄な労力を使わないように、応募前に取捨選択しましょう。

 

 

 

<関連記事>

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 5つのステップで進める転職活動 おすすめ転職サイト