ブラック企業に入らないようにするための注意点とは

ブラック企業に入らないようにするための注意点とは

 ブラック企業って何かご存じでしょうか?!最近よく耳にするキーワードではありますが、大量に採用して労働基準法を無視した過酷な労働を押し付けて、心身ともに限界まで労働者を追い詰めてそのまま労働者が倒れたり、過労自殺したら使い捨てる・・・という企業のことです。こういうブラック企業は違法な労働形態がまかり通っていることで有名です。

 

なるべくブラック企業に入らないようにするためには・・・

 ハローワーク求人票なら、過去の企業のデータを全部労働局が保存していますから、“怪しい会社だな”と思ったら窓口や電話で問い合わせてみることで、動揺の相談が寄せられているかどうか?チェックすることができます。本当にブラック企業であれば他にも犠牲になった人が大勢いるはずです。

 

ネットで検索をしてみよう

 インターネットで企業名で検索してみると、本当に噂のあるブラック企業ならそれらしき黒い噂がネットのあちこちに書き込まれているでしょうから、それを参考にしてみると良いでしょう。転職口コミサイトを見れば、その会社でかつて働いたことのある人の書き込みが大量に読めます。ネットに書いてあることを丸呑みしているのはよくありませんが、情報源の一つではあります。

 

会社四季報で競合他社と比較をしてみよう

 新人が入社してから、3年以内に離職する割合が極めて高いとか、社員の平均年齢がかなり若い(ブラック企業は過酷なので最初から中高年はお呼びではない場合が多いです)、一人の社員が平均してその会社に継続して勤務する年数が異様に短いとか、そういう特徴が際立っているようなら、“ブラック企業”でしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 5つのステップで進める転職活動 おすすめ転職サイト