5つのステップで進める40代後半の転職活動

5つのステップで進める40代後半の転職活動

5つのステップで進める40代後半の転職活動

 40代後半で転職活動を成功させるのは、簡単な事ではありません。キャリアや実績があっても希望するポストや待遇を転職先で得るためには、厳しい競争に打ち勝つ必要があります。なぜなら年齢や報酬の高さに加え、管理職のポスト自体が少ないため、求人案件が限られてくるからです。

 

 転職経験があり、これまで順調にキャリアを積んできた人であっても、40代後半ともなれば年齢や需要を考慮して転職活動を見直す事が重要となってきます。ここでは転職活動の基本的な進め方を5つのステップに分け、それぞれの段階で抑えておきたいポイントも紹介していますので、転職活動についての再確認と見直しの参考にされてみてはいかがでしょう。

 

 

1.転職の目的と希望を明確にする

 年齢に関係なく、転職にあたってはその目的や希望条件を明確にしておく事が重要です。キャリアを活かす事を優先するのか、報酬や待遇の向上を目的とするのかによって選択する転職先は自然と絞られてきます。

 

 志望動機を説明する際にも目的や希望条件が明確になっていれば、より具体的な内容となり説得力を持たせる事ができるでしょう。また、この段階で転職のプランを立てておくと、無駄な時間を費やさずに済みます。

 

<関連記事>

 

 

2.転職に向けて情報収集を行う

 転職活動においても、情報は大きな武器となります。情報収集は自分が納得できる転職先を見つけるためだけでなく、転職の成功率にも関わってくるものです。企業が現在求めている人材像と自分がマッチしているのか、採用に積極的であるか、年齢による制限はあるのかなど、できるだけ詳細な情報を集めましょう。

 

 リクナビNEXTやリクルートエージェントなどの転職支援サイトに会員登録すると、こうした詳しい企業情報や社風などの把握にも役立ちます。

 

<関連記事>

 

 

3.企業への応募とアプローチ

 通常の転職活動であれば、必要書類を送って書類選考の通過を待つ事になりますが、社会人としてのキャリア豊富な40代後半の方なら既に仕事関係のコネも多く持っているはずです。

 

 できるだけ有利に効率良く転職活動を進めたいと考えているなら、コネを大いに活用しましょう。人脈づくりもビジネスパーソンの重要なスキルですから、書類選考の前から積極的なアプローチを仕掛ける事で、成功率のアップと印象づけの効果が期待できます。

 

<関連記事>

 

 

4.面接のアプローチポイントを把握する

 何度受けても緊張するのが面接ですが、社会人経験の長い年齢の人に対しては面接時の受け答えも高いレベルが要求されます。

 

 キャリアやスキル、実績などアプローチするポイントの把握ができているのはもちろん、想定外の質問に対しても堂々として落ち着いた態度で臨む事が大切です。何度も繰り返して練習し、自分が必要な人材である事を的確にアピールしましょう。

 

<関連記事>

 

 

5.円満退職のポイント

 転職先が決まっても、円満退職という大仕事がまだ残っています。転職を成功させるだけではなく、前職を円満に終えられるかどうかも社会人としての重要なスキルの一つです。

 

 円満退職できずに転職後の仕事に悪影響が出たというケースもありますから、業務の引継ぎや人間関係には特に注意を払って行いましょう。無事退職できたら、次の仕事に備えて英気を養っておくのも大切な事です。

 

<関連記事>

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 5つのステップで進める転職活動 おすすめ転職サイト