中高年の就職ではブランク期間にご注意!3つの原因とは?

中高年の就職ではブランク期間にご注意!3つの原因とは?

中高年の就職ではブランク期間にご注意!3つの原因とは?

年功序列型企業への就職は難しいのが現状

年功序列型企業の場合、当然ながら、応募者の年齢が高ければそれ相応の給与を支払う必要があります。企業から見た場合、給与=コストを上回るだけの仕事力を提供してくれる人材でなければ採用するメリットはありません。それゆえ、「卓越したスキルを保有している」、もしくは「優良顧客を連れて来れる」のいずれかを満たしていない限り、中高年の就職は長期戦になる覚悟が必要です。

 

求人情報の探し方はコネから

中高年が求人情報を探す方法で最も効果的なのは、「コネ」です。コネは一般に良い印象が持たれていませんが、採用する側からすれば、コネのある応募者の人材検討コストが大幅に削減でき、また入社後に発生する仕事のミスマッチの可能性も大幅に減らすことが出来ます。そのため、他の応募者よりもコネのある応募者を優先的に採用する傾向があります。

 

中高年の就職ではブランク期間があると危険!?

以上の事実と合わせ、ある程度の貯蓄もある中高年の就職活動では、前職を辞めてからのブランク期間が長くなる傾向があります。そして、このブランク期間こそが、就職するにあたって最も大きな壁になります。

 

応募者に長期のブランク期間がある場合、採用する企業側にとってはそのブランク期間が以下の3点で不安材料になります。

 

1. 仕事に対する熱意の欠如

職業人として最も重要な要素が欠けているとみなされます。仕事上の「スキル」については入社後に伸ばすことはある程度可能ですが、「熱意」についてはその人の人間性に備わる属人的な要素になりますので、会社側からはコントロール不可能な要素になります。その部分に不安要因がある場合、卓越した能力を有していない限りは忌避されます。

 

2. 仕事の能力の低さ

もし応募者が同業界にて仕事上の高スキルを有していれば、その応募者は同業他社も獲得したい人材であるはずです。しかしながら長期のブランク期間があるということは、そこまでの高スキルを有していないと判断されます。業務遂行上のスキルに達しておらず、コストをかけてまで採用するメリットが会社側にない、つまり会社の利益に繋がらない人材とみなされます。

 

3. 健康状態の悪化

たとえ熱意があって高スキルを保有しているとしても、職業人としての基礎能力である「健康」に不安があれば、その応募者を採用することで会社にとってリスク要因が増加することになります。ビジネス環境においては、いつ何時でも対応しなければならない案件が突発的に発生するものであり、もし健康不安がある人材をその案件にアサインしたとすれば、健康問題によって対応不可能な状況に発展する可能性も出てきます。それは、会社の利益を損なう要因となります。

 

まとめ
以上のことから、もしブランク期間が1年以上空いた状態で就職活動するとした場合、上記3点について問題がないことを具体的に説得力を持って説明する必要があります。それが出来ないようであれば、高確率で就職活動はとても厳しいものになるでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 5つのステップで進める転職活動 おすすめ転職サイト